定番人気!2021年の干支は?

年賀状印刷サイトでは、1,000種類を超えるデザインをそろえているところも少なくありません。プロのデザイナーが手掛けた凝った図柄から、シンプルに縁起物をあしらったものまで多彩ですが、そのなかでも定番といえるのが干支。2021年は「丑(うし)」となっており、牛をモチーフにしたデザインは、選択肢のひとつとして加えておきたいところです。

年賀状印刷の業者の選び方

年賀状印刷サイトは数多くあり、どこを選べば良いのか迷いがち。そんな時には、料金に着目して選ぶのがおすすめ。料金の内訳には、印刷代やはがき代、送料などがあるので、トータルでいくらかかるのかは要チェック。またサポート体制が充実しているかもポイント。特にパソコンに慣れていない人は、この点を重視するのも良いでしょう。

自宅印刷との料金比較

パソコンとプリンターを持っている場合は、自宅で年賀状を印刷することもできますが、コストについては考えておきたいところ。なかでもプリンターのインクは意外に高くつくので、枚数によっては、かなりの出費となることも。また印刷ミスが出ることも考慮に入れておく必要があります。その点を踏まえて、業者に注文するか自宅印刷にするか決めると良いでしょう。

【2021年】おすすめの年賀状デザインは?ネット印刷ランキング4選

■1位:おたより本舗

【2021年】おすすめの年賀状デザインは?ネット印刷ランキング4選、1位は 「おたより本舗」です。
おたより本舗は、総合力に秀でた年賀状印刷サイト。

年賀専門の作家さんやおたより本舗の制作室が作成した「1200種類のオリジナルデザイン」が大人気の年賀状印刷サイトです。

「昼13時までの注文で即日出荷」「宛名印刷が何枚でも無料」「全国送料無料」など嬉しいサービスが盛りだくさんです。

品質と料金のバランスが良く、クオリティ重視派でも、コスパ優先派でも満足できます。デザインは「定番」をはじめ、「かわいい」「おしゃれ」「和風」など多彩。どんな年代の人でもお気に入りの1枚が見つかるように、幅広い図柄をそろえているところがうれしいポイントです。

■2位:挨拶状ドットコム

【2021年】おすすめの年賀状デザインは?ネット印刷ランキング4選、2位は「挨拶状ドットコム」です。
挨拶状ドットコムは、オリジナリティのあるデザインが評判の年賀状印刷サイト。

挨拶状ドットコムの年賀状では、カラーの異なる100名の様々な分野のデザイナーやイラストレーターが在籍しています。
それぞれのセンスを活かして、子供が喜ぶ可愛いアニメのような絵柄の年賀状から、高齢の方がもらって喜ぶ、書道と絵画を融合した絢爛豪華なデザインなど、多種多様な絵柄が取り揃って、見ているだけでも楽しくなります。

人気の消しゴムはんこ作家を起用した「消しゴムはんこ年賀状」や、マスキングテープを使って創作した「マスキングテープ年賀状」などユニークなデザインが人気です。

また、「大人女子年賀状」「にゃん賀状」など、ユニークなものも多数そろえています。

17:00までの注文で、翌営業日に発送してくれるなどサービスも嬉しいですね。

■3位:ふみいろ年賀状

【2021年】おすすめの年賀状デザインは?ネット印刷ランキング4選、3位は「ふみいろ年賀状」です。

 1)安心感抜群の200%保証
・お客様側での入力ミスや品質にご満足頂けない場合 1回に限り無料で再印刷を保証

ここまでサポートできるのは「ふみいろ」だけですね!
入力ミスでも無料で再印刷してくれる200%安心保証は業界唯一です。

2)驚きの早さと安さ!
・価格は業界最安値クラス
・16時までのご注文は翌営業日発送というスピード対応

3)印刷業界最大級の実績
・53万件以上の出荷実績を誇る工場で印刷・発送と安心の品質

ネットの年賀状印刷に興味はあるけど、操作に不安がある方はふみいろ年賀状での注文をオススメします。

ふみいろ年賀状で注文すると、通常の年賀はがき1枚63円⇒58円で作成できます!
1枚につき5円還元されます。

■4位:ネットスクウェア

【2021年】おすすめの年賀状デザインは?ネット印刷ランキング4選、4位は「ネットスクウェア」です。
ネットスクウェアは、注文が手軽にできる年賀状印刷サイト。

パソコンはもちろん、スマートフォンからも注文可能なので、ちょっとした空き時間に利用することができます。注文枚数は1枚からでもOKで、1枚単位でオーダーできるのも使い勝手が良いといえます。デザインは、写真入りタイプが豊富に用意されているのがポイント。

まとめ

最近では年賀状も、カラフルで多彩なデザインのものが人気を集めています。特に干支をや家族の写真を使ったものは根強い人気があります。そして年賀状印刷サイトを利用すれば、デザイナー年賀状や人気キャラクター年賀状を簡単に手に入れることも可能。

今年こそは、少し手間をかけて、自分だけのオリジナル年賀状を送ってみませんか。



おすすめの記事